「脂漏性角化症」の記事一覧

脂漏性角化症は陰部にもできるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂漏性角化症は、皮膚の老化によってできるシミのようなイボです。老人性イボや老人性疣贅とも言われています。皮膚の老化と紫外線の影響でできてしまうもので、手のひらと足の裏以外ならどこにでもできる可能性があるものです。もちろん陰部にもできる可能性はあります。 陰部にできるのは、男性が多いですね。多いと言うのか、男性の方が気づきやすいとも言えます。女性の場合は、できていてもほとんど気がつきません。痛みなどは何もありませんので、知らない間にできていることが多く、ある日突然陰部にシミのようなほくろのような、イボのようなものができているのに気づきます。脂漏性角化症の場合は、良性の腫瘍ですから放置していても問題はありません。ただ、陰部にできるものは脂漏性角化症だけでなく、他の皮膚病の可能性もありますので、病院で診てもらった方が良いでしょう。皮膚科か泌尿器科で診察してもらえます。 脂漏性角化症と診断された場・・・

脂漏性角化症はイボコロリで治せる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

首の周りや顔に小さなイボができてきたら、何とかして取りたいものです。イボ取りと言えばイボコロリですが、首周りや顔に使えるのかがわかりませんね。首の周りや顔にできる平べったいイボのようなシミのようなものは、老人性イボといって、老人性疣贅や脂漏性角化症と言われる皮膚の老化や紫外線の影響によってできるものです。 痛くも痒くもないですが、表面がざらざらしているために着替えの時に擦れたり、ネックレスなどが引っかかって痛みがあったりするのでできれば治したいと思う人が多いです。見た目もあまり良くありませんから、人目が気になることでしょう。 脂漏性角化症の治療のために、イボコロリを使ったらどうかと実際に買ってくる人もいます。しかし、説明書を見ると首などの皮膚がやわらかいところや老人性イボには使用できないと書いています。イボコロリに含まれるサリチル酸という成分は、角質を柔らかくする作用があります。脂漏性角化・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ